FC2ブログ
資産運用のために、色々と勉強してます。株や不動産、資格について書きます。また、デジタル関係での出来事を自分のメモ代わりとして・・・・。
2019/081234567891011121314151617181920212223242526272829302019/10








   

【各論 第1章 価格に関する鑑定評価】

第3節 建物

建物は、
「その敷地と結合して有機的に効用を発揮するもの」
であり、建物とその敷地とは密接に関連しており、
両者は一体として鑑定評価の対象とされるのが通例であるが、

鑑定評価の依頼目的 及び 条件により、
・建物及びその敷地が一体として市場性を有する場合における
 建物のみの鑑定評価
又は
・建物及びその敷地が一体として市場性を有しない場合に
 おける建物のみの鑑定評価
がある。

Ⅰ 建物及びその敷地が一体として市場性を有する場合における建物のみの鑑定評価

この場合の建物の鑑定評価は、
その敷地と一体化している状態を前提として、
その全体の鑑定評価額の内訳として、
建物について「部分鑑定評価」を行うものである。

この場合における建物の鑑定評価額は、
・積算価格、
・配分法に基づく比準価格
及び
・建物残余法
(敷地の価格を収益還元法以外の手法によって求めることができる場合に、
 敷地と建物等からなる不動産について
 建物等に帰属する純収益から建物等の収益価格を求める方法)
 による収益価格
を関連づけて決定するものとする。

Ⅱ 建物及びその敷地が一体として市場性を有しない場合における建物のみの鑑定評価

この場合の建物の鑑定評価は、
一般に「特殊価格」を求める場合に該当するものであり、
・文化財の指定を受けた建造物、宗教建築物 又は
・現況による管理を継続する公共公益施設の用に供されている不動産
のうち建物について、その保存等に主眼をおいて行うものであるが、

この場合における建物の鑑定評価額は、
「積算価格を標準」
として決定するものとする。

Ⅲ 借家権

借家権とは、
借地借家法(廃止前の借家法を含む)が適用される建物の賃借権をいう。

借家権の取引慣行がある場合における借家権の鑑定評価額は、
「当事者間の個別的事情を考慮して求めた比準価格を標準」
とし、
自用の建物及びその敷地の価格から
・貸家及びその敷地の価格を控除し、
・所要の調整を行って得た価格
を比較考量して決定するものとする。

借家権割合が求められる場合は、
借家権割合により求めた価格をも比較考量するものとする。

この場合において、
前記貸家及びその敷地の1.から7.までに掲げる事項を
総合的に勘案するものとする。

さらに、「借家権の価格」といわれているものには、
賃貸人から建物の明渡しの要求を受け、
借家人が不随意の立退きに伴い事実上喪失することとなる経済的利益等、
賃貸人との関係において個別的な形をとって具体に現れるものがある。

この場合における借家権の鑑定評価額は、

当該建物及びその敷地と同程度の代替建物等の
賃借の際に必要とされる
・新規の実際支払賃料 と
・現在の実際支払賃料 との
差額の一定期間に相当する額に
賃料の前払的性格を有する一時金の額等を加えた額 

並びに

自用の建物及びその敷地の価格から
・貸家及びその敷地の価格を控除し、
・所要の調整を行って得た価格
を関連づけて決定するものとする。

この場合において
・当事者間の個別的事情
を考慮するものとするほか、
・前記貸家及びその敷地の1.から7.までに掲げる事項
を総合的に勘案するものとする。

   



前へ 次へ


不動産鑑定評価基準 目次へ戻る

TOPへ戻る





関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://selfedu0.blog72.fc2.com/tb.php/158-f6b0ace1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック