FC2ブログ
資産運用のために、色々と勉強してます。株や不動産、資格について書きます。また、デジタル関係での出来事を自分のメモ代わりとして・・・・。
2019/081234567891011121314151617181920212223242526272829302019/10








問題17 解答&関連知識

解答(4)

イ ○




【各論 第1章 価格に関する鑑定評価】より

第3節 建物

Ⅱ 建物及びその敷地が一体として市場性を有しない場合における建物のみの鑑定評価

この場合の建物の鑑定評価は、
一般に「特殊価格」を求める場合に該当するものであり、
・文化財の指定を受けた建造物、宗教建築物 又は
・現況による管理を継続する公共公益施設の用に供されている不動産
のうち建物について、その保存等に主眼をおいて行うものであるが、

この場合における建物の鑑定評価額は、
「積算価格を標準」
として決定するものとする。




ロ ×

建物及びその敷地が一体として市場性を有する場合における建物のみの鑑定評価額は
・積算価格、
・配分法に基づく比準価格
及び
・建物残余法による収益価格
を関連づけて決定するものとする。




【各論 第1章 価格に関する鑑定評価】より

第3節 建物

Ⅰ 建物及びその敷地が一体として市場性を有する場合における建物のみの鑑定評価

この場合の建物の鑑定評価は、
その敷地と一体化している状態を前提として、
その全体の鑑定評価額の内訳として、
建物について「部分鑑定評価」を行うものである。

この場合における建物の鑑定評価額は、
・積算価格、
・配分法に基づく比準価格
及び
・建物残余法
(敷地の価格を収益還元法以外の手法によって求めることができる場合に、
 敷地と建物等からなる不動産について
 建物等に帰属する純収益から建物等の収益価格を求める方法)
 による収益価格
を関連づけて決定するものとする。




ハ ○

上記、【各論 第1章-第3節-Ⅱ】の通り。

ニ ○

上記、【各論 第1章-第3節-Ⅰ】の通り。

ホ ○




【第9章 鑑定評価報告書】

第2節 記載事項


対象不動産の
・所在、地番、地目、家屋番号、構造、用途、数量等 及び
・対象不動産に係る権利の種類

Ⅳ 鑑定評価の依頼目的及び条件と価格又は賃料の種類との関連鑑定評価の依頼目的及び条件に応じ、当該価格を求めるべきと判断した理由を記載しなければならない。
特に、特定価格を求めた場合には法令等による社会的要請の根拠、また、特殊価格を求めた場合には文化財の指定の事実等を明らかにしなければならない。





第16問
解答&関連知識
第17問第18問
解答&関連知識


H20 鑑定理論 目次へ戻る

TOPへ戻る







関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://selfedu0.blog72.fc2.com/tb.php/205-74d25378
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック