FC2ブログ
資産運用のために、色々と勉強してます。株や不動産、資格について書きます。また、デジタル関係での出来事を自分のメモ代わりとして・・・・。
2019/081234567891011121314151617181920212223242526272829302019/10










原文は変えずに、改行や各個を入れて読みやすい基準を書いていきます。



不動産鑑定評価基準

目次




【総論】

第1章 不動産の鑑定評価に関する基本的考察
 第1節 不動産とその価格
 第2節 不動産とその価格の特徴
 第3節 不動産の鑑定評価
 第4節 不動産鑑定士等の責務

第2章 不動産の種別及び類型
 第1節 不動産の種別
 第2節 不動産の類型
 留意事項 Ⅰ


第3章 不動産の価格を形成する要因
 第1節 一般的要因
 第2節 地域要因
 第3節 個別的要因
 留意事項 Ⅱ


第4章 不動産の価格に関する諸原則

第5章 鑑定評価の基本的事項
 第1節 対象不動産の確定
 第2節 価格時点の確定
 第3節 鑑定評価によって求める価格又は賃料の種類の確定
 留意事項 Ⅲ


第6章 地域分析及び個別分析
  第1節 地域分析
  第2節 個別分析
  留意事項 Ⅳ


第7章 鑑定評価の方式
 第1節 価格を求める鑑定評価の手法
  Ⅰ 試算価格を求める場合の一般的留意事項
  Ⅱ 原価法
   1.意義
   2.適用方法
   3.減価修正
  Ⅲ 取引事例比較法
  Ⅳ 収益還元法
   1.意義
   2.収益価格を求める方法
   3.適用方法
    (1)純収益
    (2)還元利回り
    (3)直接還元法
 第2節 賃料を求める鑑定評価の手法
  Ⅰ 賃料を求める場合の一般的留意事項
  Ⅱ 新規賃料を求める鑑定評価の手法
  Ⅲ 継続賃料を求める鑑定評価の手法
 留意事項 Ⅴ
  1.価格を求める鑑定評価の手法について
   (1)試算価格を求める場合の一般的留意事項について
   (2)取引事例比較法について
   (3)収益還元法について
    ① 直接還元法の適用について
     ア 一期間の純収益の算定について
     イ 土地残余法又は建物残余法
     ウ 有期還元法
     エ 還元利回りの求め方
    ② DCF法の適用について
  2.賃料を求める鑑定評価の手法について

第8章 鑑定評価の手順
 第1節 鑑定評価の基本的事項の確定
 第2節 処理計画の策定
 第3節 対象不動産の確認
 第4節 資料の収集及び整理
 第5節 資料の検討及び価格形成要因の分析
 第6節 鑑定評価方式の適用
 第7節 試算価格又は試算賃料の調整
 第8節 鑑定評価額の決定
 第9節 鑑定評価報告書の作成
 留意事項 Ⅵ


第9章 鑑定評価報告書
 第1節 鑑定評価報告書の作成指針
 第2節 記載事項
 第3節 附属資料

 



【各論】

第1章 価格に関する鑑定評価
 第1節 土地
  Ⅰ 宅地
   1.更地
   2.建付地
   3.借地権及び底地
   4.区分地上権
  Ⅱ 農地
  
Ⅲ 林地
  
Ⅳ 宅地見込地
 
第2節 建物及びその敷地
 第3節 建物
 留意事項 Ⅶ
  1.宅地について
   (1)更地について
   (2)借地権について
   (3)区分地上権について
   (4)対象不動産について「土壌汚染が存することが判明している場合」又は「土壌汚染が存する可能性のある場合」の鑑定評価について
  2.建物及びその敷地について

第2章 賃料に関する鑑定評価
 第1節 宅地
 第2節 建物及びその敷地
 留意事項 Ⅷ 

第3章 証券化対象不動産の価格に関する鑑定評価
 第1節 証券化対象不動産の鑑定評価の基本的姿勢
 第2節 処理計画の策定
 第3節 「証券化対象不動産」の「個別的要因」の調査等
 第4節 DCF法の適用等
 留意事項 Ⅸ 











TOPへ戻る










スポンサーサイト



この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://selfedu0.blog72.fc2.com/tb.php/28-33a475d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック