FC2ブログ
資産運用のために、色々と勉強してます。株や不動産、資格について書きます。また、デジタル関係での出来事を自分のメモ代わりとして・・・・。
2019/081234567891011121314151617181920212223242526272829302019/10










問題34 解答&関連知識

解答(2)

イ ×

基準には、「実地調査を行い、必要な事項を確認しなければならない」とあるが、実地調査を行うことができない場合もあるため、「別の実地調査日を設けて必ず確認しなはればならない。」ということはない。




【各論 第3章 証券化対象不動産の価格に関する鑑定評価
 第3節 証券化対象不動産の個別的要因の調査等】

Ⅰ 「対象不動産」の「個別的要因」の調査等

「証券化対象不動産」の「個別的要因」の調査等に当たっては、
「証券化対象不動産」の「物的・法的確認」を「確実かつ詳細」に行うため、
依頼された「証券化対象不動産」の鑑定評価のための「実地調査」について、
「依頼者」(依頼者が指定した者を含む。)の立会いの下、
・「対象不動産」の内覧の実施を含めた「実地調査」
を行うとともに、
・「対象不動産」の「管理者からの聴聞」等により
 権利関係、
 公法上の規制、
 アスベスト等の有害物質、
 耐震性 及び
 増改築等の履歴等
 に関し「鑑定評価に必要な事項を確認」
しなければならない。

Ⅱ 実地調査

不動産鑑定士は、「実地調査」に関し、次の事項を「鑑定評価報告書」に「記載」しなければならない。

(1)実地調査を行った「年月日」

(2)実地調査を行った「不動産鑑定士の氏名」

(3)「立会人 及び 対象不動産の管理者」の「氏名 及び 職業」

(4)「実地調査を行った範囲」(内覧の有無を含む。)及び
   「実地調査により確認した内容」

(5)実地調査の一部を「実施することができなかった場合」にあっては、その理由



ロ ○




【第8章 鑑定評価の手順】

第1節 鑑定評価の「基本的事項」の確定

鑑定評価に当たっては、
まず、鑑定評価の「基本的事項」を確定しなければならない。

このため、
鑑定評価の「依頼目的」及び「条件」について
「依頼者の意思」を明瞭に確認するものとする。

第2節 「処理計画」の策定

「処理計画」の策定に当たっては、
前記第1節により確定された「鑑定評価の基本的事項」に基づき、
実施すべき作業の「性質」及び「量」、「処理能力」等に即応して、
・対象不動産の確認、
・資料の「収集」及び「整理」、
・資料の「検討」及び
・「価格形成要因」の分析、
・「鑑定評価方式」の適用、
・「試算価格」又は「試算賃料」の調整、
・「鑑定評価額の決定」等
鑑定評価の作業に係る「処理計画」を秩序的に策定しなければならない。



ハ ×

「確認を行った場所」は不要。




【各論 第3章 証券化対象不動産の価格に関する鑑定評価
 第2節 処理計画の策定】より

Ⅱ 確認事項の記録

第2節 Ⅰ(1)から(6)までの事項の「確認」を行った場合には、
それぞれ次の事項に関する
・「記録を作成」し、及び
・「鑑定評価報告書」の「附属資料として添付」
しなければならない。

(1)確認を行った「年月日」

(2)確認を行った「不動産鑑定士の氏名」

(3)確認の「相手方の氏名 及び 職業」

(4)確認の「内容」及び「当該内容の処理計画への反映状況」

(5)確認の内容の「変更」により
  「鑑定評価の作業、内容等の変更をする場合」にあっては、「その内容」



ニ ○

ホ ×

「作成時期」ではなく「入手時期」。




【各論 第3章 証券化対象不動産の価格に関する鑑定評価
 第2節 処理計画の策定】より

Ⅰ 処理計画の策定に当たっての確認事項

処理計画の策定に当たっては、あらかじめ、
・「依頼者」に対し、「証券化対象不動産」の鑑定評価に関する次の事項を「確認」し、
・鑑定評価の作業の「円滑」かつ「確実」な実施を行うことができるよう
 「適切」かつ「合理的」な処理計画を策定する
ものとする。

この場合において、
・確認された事項については、処理計画に反映するとともに、
・当該事項に変更があった場合にあっては、処理計画を変更する
ものとする。

(1)鑑定評価の「依頼目的」及び「依頼が必要となった背景」

(2)対象不動産が第1節Ⅰ(1)、(2)又は(3)のいずれに係るものであるかの別

(3)
・エンジニアリング・レポート
 (建築物、設備等及び環境に関する「専門的知識を有する者」が行った「証券化対象不動産」の状況に関する「調査報告書」をいう。以下同じ。)、
・DCF法
等を適用するために「必要となる資料」「その他の資料」の主な「項目」及び「その入手時期」

(4)エンジニアリング・レポートを作成した者からの「説明の有無」

(5)対象不動産の内覧の実施を含めた「実地調査の範囲」

(6)その他「処理計画の策定のために必要な事項」







第33問
解答&関連知識
第34問第35問
解答&関連知識


H21 鑑定理論 目次へ戻る

TOPへ戻る








関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://selfedu0.blog72.fc2.com/tb.php/331-e190b3e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック