FC2ブログ
資産運用のために、色々と勉強してます。株や不動産、資格について書きます。また、デジタル関係での出来事を自分のメモ代わりとして・・・・。
2019/081234567891011121314151617181920212223242526272829302019/10











【音声再生100%】



【第2章 不動産の種別及び類型】

第2節 不動産の類型

「宅地」並びに「建物及びその敷地の類型」を例示すれば、次のとおりである。

Ⅰ 宅地

宅地の類型は、
その「有形的利用」及び「権利関係の態様」に応じて、
・更地、
・建付地、
・借地権、
・底地、
・区分地上権
等に分けられる。

更地とは、
・建物等の定着物がなく、かつ、
・使用収益を制約する権利の付着していない
・宅地
をいう。

建付地とは、
・建物等の用に供されている敷地 で
・建物等 及び その敷地 が
 「同一の所有者」に属し、かつ、「当該所有者により使用」され、
・その敷地の「使用収益を制約する権利の付着していない」
・宅地
をいう。

借地権とは、
借地借家法(廃止前の借地法を含む。)に基づく借地権(建物の所有を目的とする地上権又は土地の賃借権)をいう。

底地とは、
「宅地」について「借地権の付着している」場合における「当該宅地の所有権」をいう。

区分地上権とは、
工作物を所有するため、「地下」又は「空間」に
上下の範囲を定めて設定された地上権をいう。

Ⅱ 建物及びその敷地

建物及びその敷地の類型は、
その「有形的利用」及び「権利関係の態様」に応じて、
・自用の建物及びその敷地、
・貸家及びその敷地、
・借地権付建物、
・区分所有建物及びその敷地
等に分けられる。

「自用の建物及びその敷地」とは、
・「建物所有者」と「その敷地の所有者」とが「同一人」であり、
・その所有者による「使用収益を制約する権利の付着していない」場合
 における「当該建物及びその敷地」
をいう。

「貸家及びその敷地」とは、
・「建物所有者」と「その敷地の所有者」とが「同一人」であるが、
・「建物が賃貸借に供されている」場合における「当該建物及びその敷地」
をいう。

「借地権付建物」とは、
・「借地権を権原とする建物が存する」場合
 における「当該建物及び借地権」
をいう。

「区分所有建物及びその敷地」とは、
・「建物の区分所有等に関する法律」第2条第3項に規定する
 「専有部分」並びに
・当該専有部分に係る同条第4項に規定する
 「共用部分の共有持分」及び
・同条第6項に規定する「敷地利用権」
をいう。

   









前へ次へ


不動産鑑定評価基準 目次へ戻る

TOPへ戻る







関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://selfedu0.blog72.fc2.com/tb.php/72-ae7ce609
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック